災害看護関連用語(案) 応急処置
用語 応急処置
英訳 treatment
定義 災害時に負傷者や急病を発症した被災者に対して、医療機関に運ぶまでの一時的な手当で、生命の維持や苦痛の軽減、合併症の予防のために医療従事者がその場で直ちに行う処置である。災害時の応急処置は、トリアージをしなければならないという災害特有の状況下にある。
解説 災害現場では救命のための気道確保、呼吸補助、圧迫止血などの1次救命処置が精一杯である。現場救護所では、2次救命処置が可能となる。また搬送の準備としての頸椎保護、バックボード固定や骨折に対するシーネ固定などの「パッケージング」も重要な治療となる。→CSCATTT
事例
参考文献(APA方式) 辺見弘監(2013):災害看護学,151,メジカルフレンド社,東京.
最終編集日 2016/08/19 12:47:39