災害看護関連用語(案) 災害看護専門看護師
用語 災害看護専門看護師
英訳 Certified Nurse Specialist(Disaster Nursing)
定義 災害看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められた者
解説 災害看護専門看護師は、1.災害による人々の健康や生活への影響、被災者特性、活動現場特性をふまえ、各災害サイクルにおける被災者への看護活動、ならびに看護職等に対する支援を展開することができる。2.災害救援の活動現場における行政、住民組織、他職種、ボランテイア等との連携、協働、必要時組織化の重要性を理解し、シミュレーション等でリーダーシップを発揮することができる。3.個人・家族・組織・地域における防災・減災に向けた諸活動、人々の危機管理意識を啓発する諸活動を計画実施することができる。4.災害時の人々の生活と健康支援に向けて、社会システムや医療・看護ケア提供体制等の整備等を考えることができる。 専門看護師:保健・医療・福祉現場において、複雑な健康問題を有する患者にケアとキュアを統合し、卓越した直接ケアを提供するとともに、相談、調整、倫理的調整を行い、ケアシステム全体を改善することで、看護実践を向上させる高度実践看護師。

専門看護師は、専門看護分野において以下の6つの役割を果たす。
1.個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践する。(実践)
2.看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う。(相談)
3.必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う。(調整)
4.個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決をはかる。(倫理調整)
5.看護者に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす。(教育)
6.専門知識及び技術の向上並びに開発をはかるために実践の場における研究活動を行う。(研究)
事例
参考文献(APA方式) ・日本看護系大学協議会(2018):平成30年度版高度実践看護師教育課程基準高度実践看護師教育課程審査要項.
・日本看護協会HP:https://www.nurse.or.jp/
最終編集日 2019/06/06 19:02:30