災害看護関連用語(案) 自助
用語 自助
英訳 Self-help
定義 自分の命を自らが守ること
解説 大規模災害時では公助(行政、消防、警察、自衛隊、医療機関)の機能に限界が生じることが予測される。事実、阪神・淡路大震災では、7割弱が家族を含む「自助」により救出されており、「公助」である救助隊による救出は数%に過ぎなかったという調査結果がある(図1)。災害を「他人事」ではなく、「自分ごと」として捉え、国民1人1人が減災意識を高め、具体的な行動を起こすことが重要である。

<1人1人が取り組む防災対策の例>
 ・自宅の耐震化、耐火性の確保
 ・自治体のハザードマップ等から地域のリスクの把握
 ・発生時、瞬時の自身の身の守り方(家の中、エレベーター、車の運転中等)を知る
 ・家具、テレビ等の転倒・落下防止対策
 ・電気、ガス、水道、通信等のライフラインの停止に備えた食料、
  飲料水、常備薬等の備蓄
 ・市販の簡易トイレの準備等
 ・家族同士で災害時の安否確認の方法、集合場所を決めておく 
事例
参考文献(APA方式) ・内閣府防災情報のページ「平成30年版 防災白書」
・政府広報オンライン「災害時に命を守る一人一人の防災対策」
・政府インターネットテレビ「減災〜日頃の備えで被害を減らす」
・「自然災害から命を守るために!最低限知っておきたい自助・共助」:
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg14068.htm.
最終編集日 2019/06/10 14:12:12