災害看護関連用語(案) 災害
用語 災害
英訳 Disaster
定義 人命や社会生活に対する広範囲な被害を生じる現象であり、社会機能の崩壊を伴い、コミュニティの能力では解決しえない状態
解説 活用できうる資源を見失いがちな時、日常生活が困難になる時、人々の生活や健康が脅かされうる時を災害とみなす。災害とは人間とそれを取り巻く環境との相対的関係で成立するもので、環境破壊の規模の大きさや激しさだけでその災害の程度を単純に規定することはできない。
規模や人命の種類、範囲、時期などの捉え方についてはそれぞれの組織が提示している。それぞれの組織の特性において活動の開始条件や範囲が異なる。個人やコミュニティの能力を超えて対処不可能な現象であり、それぞれの定義については各組織が提示しているものを参照。
我が国の災害対策基本法 第1章 総則 第2条には、「災害とは 暴風、竜巻、豪雨、豪雪、洪水、崖崩れ、土石流、高潮、地震、津波、噴火、地滑りその他の異常な自然現象又は大規模な火事若しくは爆発その他その及ぼす被害の程度においてこれらに類する政令で定める原因により生ずる被害をいう。」と述べられている。
事例
参考文献(APA方式) ・international federation of red cross and red crescent societies
・NPO災害人道医療支援会災害看護研修委員会(2007):グローバル災害看護マニュアル ー災害現場における医療支援活動ー,真興交易医書出版部.
・南裕子、山本あいこ編(2007):災害看護学習テキスト概論編,日本看護協会出版会.
・太田宗夫編(2007):災害医療 救急医・救急看護師・救急救命士のための災害マニュアル,メディカ出版.
・災害対策基本法(2018)
最終編集日 2019/06/06 18:46:23